英会話イメージリンク編集部

編集部スタッフによるブログ。制作の裏話や英会話習得のTIPSなどをアップしていきます。

英会話はこれで完璧!初心者や苦手な人に送る最強のフレーズとは

英語を話すネイティブはやたら強気で、英語が話せない我々日本人は下手にでる・・・

何かあると

WHAT!?

と大声で聞き返される、ここは日本なのにどうしてこちらがヘコヘコしなければいけないんだ!?

なんて描写、一昔前のマンガにありましたよね。

流石にこれは誇張ですが、ネイティブを前にするとやっぱり緊張して下手にでちゃう方が大半なのではないでしょうか。

こういう緊張感は大体、「何か話さないと!」という焦りからはじまるのですが、意識したり、適切な対処法を持っていないと中々なおらないところでもあります。

そこで今回はこういった焦りをうまく逃す効果的なフレーズをご紹介します。

伝える時間がない=焦る原因

英会話をはじめたころ、私もご多分に漏れずネイティブの前ではすごく緊張していました。

ネイティブ自身は意外に気にしていないのですが、間があいてしまったり、沈黙ができてしまうと勝手にこちらが「何か話さないと!!」と思い込んでつい焦ってしまい、でも表現する能力もないししどろもどろになって頭が真っ白になってしまう・・・

そんな感じです。

f:id:Togashi-in-AburaBuro:20160310020909j:plain

タイム・イズ・マネーではないですが、英会話ではある程度速度が重視されます

日本人は特に沈黙ができてしまうと「相手に悪い」と感じてしまうので尚のこと焦りやすい様に思います。学校の授業やテストのように時間がとれ、自分だけでなんとかなるのなら慣れているのでいいのですが、英会話はそうもいかないのもネックです。

余談となりますが、知り合いの英会話教室の人気ネイティブ講師はこういう「間」ができてしまった時に日本人をうまくサポートできる方が多いようです。

 

伝える時間をつくるための最強のフレーズ

伝える時間が十分にとれれば落ち着いて考えることができます。そのために私が英会話初心者だったころ、しつこいほど使った最強のフレーズをご紹介します。

なんて言えばいいのかな

What can I say・・・

 どうやって説明すればいいのかな

How can I explain・・・*1

 このように上記2つのフレーズを何か悩んだら馬鹿のひとつ覚えの様につかっていました。

これを使うとネイティブは「言いたいことが言えないから悩んでいるんだな」ということがわかってくれるので、こちらは無駄に気を使って焦らなくてよくなります

また、ネイティブに対しても話を聞くという意識だけでなく「なにをいいたいのか」と考えてもらえるように仕向けることができるので会話もぐっと楽になります。

f:id:Togashi-in-AburaBuro:20160310021201j:plain

ネイティブに「考えてもらう」というのも大切!

沈黙を勉強の機会に使う

自分が言えなくなった表現というのは明らかに「自分に足りていない部分」だといえます。つまり、沈黙の時こそが大きくステップアップするチャンスなので是非、前述の2点のフレーズを使い冷静に「どんな方法を使えば」ネイティブに伝わるか試して見てください。私は今でも覚えているだけで

  • 前後
  • 卒業証書
  • 腕立て伏せ

などの英単語をネイティブとのコミュニケーションから聞き出すことに成功しました。

実際にネイティブにも沈黙の期間であったとしても英会話に参加してもらうことで英単語や文法を教えてもらう機会が増えました。

f:id:Togashi-in-AburaBuro:20160310021917j:plain

相手が悩んでいるときはほかごとを考えているネイティブも多いそうですよ

 

まとめ

今回はどうやってネイティブとの沈黙に慣れ、学習していくのかという方法をご紹介しました。

日本人はどうしても「相手に悪い」という気持ちが強いため英会話での沈黙に耐えることができず、「とりあえず話してみる」ということをしてしまいます。

これ自体は悪くないのですが、緊張してしまっている状態で行うと逆効果となりえます。そこで今回はそういった緊張を無くすための魔法のフレーズをご紹介しました。

*1:こちらのフレーズは正確な文法ではないのですが、意味は通じますしネイティブに英語が得意でないというニュアンスも同時に伝えることができます