英会話イメージリンク編集部

編集部スタッフによるブログ。制作の裏話や英会話習得のTIPSなどをアップしていきます。

意外に奥が深い!thisとthatのニュアンスの違い

thisというと「これ」、thatというと「あれ」。こんなイメージや日本語訳をで理解している方は結構いませんか?

こんにちは、英会話イメージリンク編集部の今井です。

最近、理解できていると思っていたthisとthatのイメージがネイティブと根本的に少し違ったという経験をしました。

thisとthatというと比較的簡単な単語なので大体わかっている、とみなさんも思われるかもしれません。

しかし、思った以上にthisとthatは奥が深かった!!

そこで私は元々持っていたthatのイメージを修正し、新しいイメージにつくりかえました。*1

今回は、英単語のイメージが違っていた時に修正する方法についてthisとthatの例を使って説明します。

thisとthatの新しい発見になると思いますし、実際の英会話の場でどうやって英単語のイメージを理解するのか、というヒントになると思います。

目の前のものに対してthatを使うの?

ことの発端はネイティブが目隠しをして、私が差し出したものを触って当てる、というゲームをしていた時のことです。

私は友人に手元にあったゴム製の人形を触らせて「これなーんだ?」と聞いたのですが、彼はゴム人形を触って

What is that !?

と言ったのです。

最初は自分の勘違いかな?と思って他のもので試してみたのですが、その度に彼は

What is that!?

というので、これはもしかして自分のthatのイメージは少し違うのでは?とかんがえるようになりました。

f:id:ImageLink:20150514100740j:plain

結構自信あったのになぁ・・・

thatは「遠くのもの」、thisは「近くのもの」

私の理解ではthatのイメージは手が届かない距離、thisのイメージは手が届く距離というものでした。

例えば、あるモノが何かわかないので聞きたいとき、手が届かない距離にあったら「what is that?」、手が届く距離にあったら「what is this ?」こんな感じで使います。

 

実際にその確信を得るために、ネイティブが話すthisとthatに注目していた時期がありましたが、ほぼ例外なくイメージ通りthisとthatを使っていました。*2

しかし、彼は少なくとも「目の前に」にあるものに対してthat を使ったのです。

そのことから私が持っていたthatのイメージと、ネイティブのthatは異なるということがわかりました。

 

仮説をたてる

目隠しをしているとはいえ、目の前のわからないモノに対してthatを使うということは、thatは物理的な距離感だけではなく

精神的な距離感もカバーするのでは、という仮説をたてました。

「わからない」ので「心理的に離れている」とネイティブは感じるので「that」を使う。そう考えると辻褄があいます。

f:id:ImageLink:20150514101316j:plain

もしかしてこういうこと?英会話では自分で予想することも大切です

自分の中に落としこんで確認する

thatは精神的に距離感を感じる場合も使える、という考えは日本語を勉強中のネイティブが目の前にある「わからないもの」を掴んで「あれ何?」と日本語で言っていたのがヒントになっています。

案外簡単だ、と思っていた思っていたthisとthatもこういった感覚の違いがあったようです。

f:id:ImageLink:20150514101635j:plain

英単語は日本語でかっちりとこれ!と覚えるのではなく、なんとなく雲のようなふわふわしたイメージで

まとめ

今回は実際に私が持っていたthatのイメージを実例を基に「修正」した例を紹介しました。

日本語でも単語のイメージは人それぞれ異なると同様、英単語のイメージも人によって異なります。英単語に対し日本語訳をあてて「かっちり」とさせて「これ!」と決めてしまうと、こういう例外が出てきたときに日本語訳では対処できなくなる、という問題点があります。

しかし、この英単語は大体こんなイメージ、というふわふわした形で捉えていると詰、間違って覚えていた時も簡単に修正が聞きます。

これだ!という答えがないといえばないので、不安になるかもしれませんが語学はそんなもの、と思ってやってみるのもいいかもしれません。

*1:英会話イメージリンク編集部では英単語は日本語訳ではなく、イメージで捉えることを推奨しています

*2:日本人でも「これ」と「あれ」の使い方が異なると同様、ネイティブでも違うことはあります