読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英会話イメージリンク編集部

編集部スタッフによるブログ。制作の裏話や英会話習得のTIPSなどをアップしていきます。

英会話で言いたいことがいえない?それは主語がおかしいのかもよ!?

  • 英会話は出だしさえ言えれば実は簡単に話せる
  • 主語の意識を変えれば出だしはうまくいく

単語や文法などにはついつい目が行きがちなのに、このことに気づいていない英語学習者の方が結構います。

こんにちは、英会話イメージリンク編集部の今井です。

なんかわからないけど出だしで詰まる

英会話を始めてみると、自分の言いたいことが言えない、特に言い出す時の「出だし」である最初の一言で詰まってしまう、ということを経験します。

以前留学生と英語で会話をしていたときに、英会話に不慣れな日本人学生さんが「出だし」でつまずき、中々話せなくて苦労しているところを何度も目撃しました。

そのあとお決まりのコースで「単語力」や「文法力」がないからもっと勉強しなきゃなあ、とぼやくわけです。

単語力よりも文法力よりもまずは主語を意識しよう

もちろん単語力や文法力も大切ですが、実は日英の主語の違いをきちんと認識していないから「出だし」を詰まらせている、ということはあまり意識されていません。

英会話学習において、「出だし」は話題にすら殆どあがりませんが、実は「出だし」である主語さえきちんと押さえてしまえば、精度は別として、意味が通じるレベルにまで英会話のレベルを案外簡単に引き上げることができます

そこで今回は、日本語と英語の主語の違いについて解説します。

日本人は主語が曖昧で、英語は主語がはっきりしている

これはみなさんどこかで聞いたことがあると思います。

ですが、英会話で話そうとしているときに日本語と英語での主語の違いを意識したことはありますか?

ここで日本語と英語の主語、みなさんがどちらの方から考えているのか簡単にチェックできる方法があるので、映画『耳をすませば』のあるシーンのセリフを使って確認してみましょう。

主人公の月島雫が、隣にいた天沢聖司に

虹が見られるかもしれない

と言います。

これを実際に自分が月島雫になったとして、英語で言ってみてください

どうだったでしょうか?

  • 何が主語に来るか分からない
  • 虹である「rainbow」を主語にした

このどちらかではないでしょうか?「rainbow」を主語にした方は

  • Rainbow will…?
  • Rainbow can be...?
  • Rainbow appear…?

きっとこんな感じのことを言おうとし、不自然さを感じて止まってしまったはずです。

一方で主語が分からなかった方も、主語をrainbowにした方も、主語の取り方に不自然さを感じて詰まってしまったはずです。これは、英語を話そうとしているのに、日本語の観点から主語を取ろうとしたために表現が不自然になってしまい、出だしに詰まってしまった典型的な例です。

f:id:ImageLink:20150204144750j:plain

語彙力が足りなかったのではなく、主語の考え方がおかしかったのか・・・

どういう景色を思い浮かべたかじっくり観察してみる

自分が月島雫だとした時に、天沢聖司に対して「虹が見えそうだ」というときの情景を一度じっくりと思い浮かべてみましょう。きっと自分の視点から「虹が見えそう」な情景を思い浮かべるのではないでしょうか?

そのとき、目の前に見える「虹」に注目してしまうが故に「rainbow」を主語にしてしまうのです。これが、日本語の主語の取り方です。

自分の視界から見た情景が基準となるので、主語が存在しません。

f:id:ImageLink:20150204145313j:plain

虹の情景だけ浮かんでいませんか?

 ネイティブの主語の視点を知る

今度はネイティブがどんな風に情景を捉えているのか確認してみましょう。

ネイティブは「虹が見えそうだ」という情況は虹が見えそうになっている自分(月島雫)と横にいる天沢聖司、そして虹の3つを全て一つのカメラのフレームに収めるかのように、あるいは鳥のような俯瞰(ふかん)で状況を見てみます。

そのため、主語はあくまでも自分たちを上から見た「we」となります。

それでは主語を「we」として、もう一度虹が見える情景を思い浮かべて英語で言ってみましょう。

きっと

  • We will be able to see rainbow.
  • We can see rainbow.

などと言えたはずです。文法や単語など細かく気になる部分はあるとは思いますが、それでもなんとか筋の通った表現ができたはずです。

※ジブリ公式の英語字幕では” Maybe we will see a rainbow.”となっています

余談になりますが、英会話の相談にきた学生さん二人に同様の質問をしたところ、二人とも「rainbow」を主語に持ってきて、詰まってしまっていました。

逆に、主語を「we」にすると?とヒントを出したところ、細かい文法などは別にして、スラスラと言えるようになりました。

f:id:ImageLink:20150204145839j:plain

虹を「見ている」人もイメージできることが英会話上達のコツ

まとめ

英会話で出だしに詰まったとき、それは日本語の視点で主語を見ているからかもしれません。英会話で出だしに詰まってしまったら、英語で表現しようとしている状況を俯瞰で見てみましょう。主語が自然と出てくるはずです。

ぜひ一度トライしてみてください!