読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英会話イメージリンク編集部

編集部スタッフによるブログ。制作の裏話や英会話習得のTIPSなどをアップしていきます。

英会話教材の継続期間に関する調査結果

英会話教材はどれくらい継続されているのか?

こんにちは!編集部の遠藤です。

相変わらずしつこく英会話教材「英会話エクスプレス」の改訂を進めております。2014年中のご提供を目指していましたが、残念ながらもっと時間がかかりそうです…。お待ちいただいている皆様には大変恐縮ですが、代わりに大変内容の濃いものに仕上げておりますので、もうしばらくお待ちくださいませ。

さて、英会話エクスプレスでは長く英会話学習を続けて頂くことを一つの目標に置いておりますが、制作過程で「はて、巷の英会話教材には聞き流し教材などもあるけれど、果たしてどれくらい継続できているんだろう?」ということが気になったので、ランサーズでアンケートを取ってみました

f:id:ImageLink:20151124111706p:plain

設問

件数

比率

未開封のまま手をつけていない

12

6.3%

3日以内にやめてしまった

10

5.2%

1週間以内にやめてしまった

21

11.0%

1ヶ月以内にやめてしまった

45

23.6%

3ヶ月以内にやめてしまった

38

19.9%

3ヶ月以上続けられた

65

34.0%

合計

191

100%

最初の1週間で、だいたい4人に1人が脱落

  • 1週間以内に合計22.5%(だいたい4人に1人)がやめてしまう。
  • 1ヶ月以内に合計46.1%(だいたい半数)がやめてしまう。
  • 3ヶ月以内に合計66.0%がやめてしまう。

乱暴に言ってしまうと、1週間、1ヶ月、3か月でざっくり1/4ずつ脱落していく感じで捉えてよいかと思います。また、聞き流し教材も「英会話教材市場に占める割合」を勘案すると、継続率の向上にはあまり貢献できていないことが見て取れます。

特にポイントは最初の1週間ですね。こちらは書籍『英会話イメージリンク習得法』でも述べていますが、習慣化する前にどうしても頑張ってしまうことが要因ではないかと思っています。以下に少し長いですが、習慣化するコツについて述べた箇所を引用します。

習慣になっている行為となっていない行為の違いは、それをする前に「やろうかな、やめておこうかな」と考えるかどうかです。...(中略)...英会話の学習も「やろうかな、それとも今日は違うことをやろうかな」と考えるうちはまだ習慣になっていません。そして習慣になっていない間は毎回「やろう!」と決断するためにエネルギーを費やすことになります。

 

まだ習慣になっていないことを習慣化するときには、それをやることの意味や意義の大きさはそれほど役に立ちません。このようなときに重要なのは、とりあえずやることに対するハードルをできるだけ低くすることです。

 

例えば「毎日30分やろう!」という目標はかなり高いハードルです。「今日はどうしようか…」と考えたくなります。はじめは「毎日5分を習慣化するまでやる」でかまいません。5分で効果があるのだろうか、などとは考えないようにしましょう。最初に越えなければいけないことは英会話の学習を習慣にすることなのです。

 

『英会話イメージリンク習得法』
第3章第2節「継続すれば学習時間は確保できる」より

どんな英会話教材を使われるとしても、ぜひとも最初の一週間は頑張りすぎず、みなさんの日常生活に英語を少しでいいので組み込むことを第一に優先してもらえたらと思います。

今回の調査結果には他にも見るべきところはありますが、とりあえずは最初が肝心ということで、1週間の部分だけを取り上げました。

現在、改訂作業中の英会話エクスプレスでも、このあたりの離脱率を抑えるための工夫をもっともっと考えてまいりたいと思います。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。