読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英会話イメージリンク編集部

編集部スタッフによるブログ。制作の裏話や英会話習得のTIPSなどをアップしていきます。

あの有名なTrick or Treatの日本語訳は意訳だった!?本来の意味とは…/トリックオアトリートで学ぶ英語のニュアンス

こんにちは、英会話イメージリンク編集部です。

10月31日はハロウィンですね。かなり広まってきていますが「そもそもハロウィンって何?」という方も多いのではないでしょうか。そんなハロウィンについて、編集部の今井と遠藤が対談形式で解説します。

f:id:ImageLink:20141009123627p:plain

 

ハロウィンは仮装することがメインなの?

今井(以下「」) ハロウィンって最近よく聞きますけど、なんでハロウィンに仮装するのか、いまいちよくわかっていないんですよね…

遠藤(以下「」) 確かに。仮装してパレードするイベント*1はありますが、「仮装する理由」や「ハロウィンが何の日なのか」を知っている人は少なそうですね。

 では、今回はハロウィンで使われる有名なセリフ “Trick or Treat” を題材に、ハロウィンについて深堀りしてみましょうか。今井くんは、この "Trick or Treat" って聞いたことありますか?

 ありますよ。有名な「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ」ですよね。

 そうそう。trick は「いたずらをする」で、treat は「お菓子をもらう」というわけですね。でも、これはちょっと意訳になっていて、それぞれの単語がもっている本来のニュアンスからは少しずれているんです。いー訳ですけどね。

 (…)

f:id:ImageLink:20141015170108j:plain

Kids say "Trick or Treat!!"

 

”Trick or Treat”(トリック オア トリート)に省略されている言葉とは

 それでは、どうズレているのかを説明していきましょう。その前に今井くん、“Trick or Treat” って省略されている言葉があるんですが、わかりますか?

 うーん…、わからないです。

 このフレーズは元々 ”Treat me or I’ll trick you.” なんです。「私をTreatしなさい。さもなくば、あなたをTrickするぞ」ってことですね。

 あれっ?trick と treat の順番が変わってしまうのは、何か不思議な感じがしますね。

 順番を変えた “Trick or Treat” のほうがネイティブにとって言いやすいんでしょうね。 

 なるほど。確かに ”Trick or Treat” は言いやすいですけど、”Treat or Trick” は何か言いにくいですね。慣れの問題かもしれませんが(笑)

 

treat のコアイメージとは

 それでは、イメリン流*2に解説していきましょう。まずは treat ですね。treat のコアイメージは「人・モノが良くなるように扱う」です

f:id:ImageLink:20141009123728p:plain

 つまり、基本的には「喜ばせたり、いい感じにしたりするための行為」を表しているわけです。

 「おもてなし」のような意味合いでしょうか?

 そういった使われ方もするね。他には「施しをする」ようにも使われて、それが子ども相手だったら「お菓子をあげる」ことになるわけです。

 幅広い意味で使われる単語なんですね。

 

trick のコアイメージとは

 次は trick ですね。trick のコアイメージは「ある目的をもってだます、惑わせる」です

f:id:ImageLink:20141009123741p:plain

 つまり、何かを得たいとか、誰かに何かをさせたいといった目的をもっているわけです。

 テレビの刑事モノでよく出てくる「犯人の使ったトリック(trick)」は、犯行をばれないようにする目的のもとで行われた「だまし」ってことですね。

 そういうことだね。

 

”Trick or Treat” は元々、誰のセリフなの?

 そう考えると、treat の「お菓子」はまだ理解できますが、trick に「いたずら」という訳を当てるのは少しズレているように感じますね。

 子どものセリフとすれば妥当な訳なんでしょうけどね。子どもが「惑わす」といっても、せいぜい「いたずら」程度のことしかできないですから。

 でも、trick のコアイメージからはやっぱりズレていますね。このようにズレている理由は ”Trick or Treat” が元々は子どもたちのセリフじゃないからなんですよ。

 あー、何かハロウィンは信仰チックな背景がありそうですね。

 

ハロウィンで仮装して練り歩く理由とは

 元々、ハロウィンは日本でいう「お盆」のようなもので、この時期はこの世とあの世を隔てている「門」が開いて、霊が行き来できるようになると信じられていたんです。

 そのときに、死んでしまった親族の霊とは別に悪霊なんかも現世にやってきちゃうと。でも、そういった悪霊さんたちには穏便に立ち去ってもらいたいわけですよね。

 そりゃそうですよ。誰も喜んで「悪霊さん、いらっしゃ~い」なんて言わないと思います。

 そこで、悪霊たちを追い払う一連の儀式として、悪霊に扮した子どもたちに家々を訪問してもらい、玄関で “Trick or Treat” と言ってもらう。そして、家人が悪霊たちにおもてなしをすることで、立ち去ってもらっていたわけなんです。

f:id:awanotanuki:20160916131657j:plain

悪霊に仮装する子どもたち

 

 “Trick or Treat” は悪霊たちのセリフなんですね。

 そうなんです。だから、悪霊たちが言う “Trick or Treat” は、「ここで我々をもてなさなければ、次の一年間、お前たちを惑わせて困った状態にしてしまうぞ」といったニュアンスを表しているわけです。

 なるほど。これまであまりハロウィンには詳しくなかったですけれど、それなりにわかった気がします。ありがとうございましたー。

 

編集部より

こういう雑学を知るのは面白いですよね。当編集部では雑学を知るような感じで、英会話学習法や英文法などを学べる書籍を出版しています。

imagelink_banner1

また書籍内で英文法を解説している部分については、ぜひみなさんに知ってほしいという思いから、次のサイトで無料で一般公開しています。

編集部のおすすめ記事は以下の3記事です。こちらもご興味ありましたら、どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

 

 

*1:川崎のラ チッタデッラが有名です

*2:編集部内では『英会話イメージリンク習得法』のことを「イメリン」と呼んでいます。