英会話イメージリンク編集部

編集部スタッフによるブログ。制作の裏話や英会話習得のTIPSなどをアップしていきます。

「『教えて今井くん』#2英会話の勉強を続けるのがつらいですが、どうすればいいですか?」

f:id:ImageLink:20140515150032j:plain

「英会話の教材を買ってやっているけど、どうも内容に興味がもてず、続けるのがつらい。ムリをしてでも続けるべきだろうか?」

 

知人からこんな相談を受けました。痛い出費だったのでしょうが、結論から言うときっぱりあきらめて「面白くてしょうがない教材」で勉強すべきだと思います。

学校で習う英語になれてしまうと内容が面白くなくても「英会話教材はこんなもんだろう」と思いがちですが、それは違います。教材を購入する前に

 

  • この教材は自分にとって本当に面白いのか
  • 疲れているときでもこの教材を聞く気になるか

 

という「楽しさ」に重点をおいて考えてみてください。△△万人が選んだ教材! などというキャッチフレーズはあなたが「続けられる理由」にはまったくなりません。本当に自分にとってその内容が面白いかどうかで判断してください。

 

私の場合、その「面白くてしょうがない教材」はジブリの『耳をすませば』のDVDでした。その理由は3つあります。

 

  1. 耳をすませば』は日本語で何回もみているのでまず内容を理解しています。英語音声になっても雰囲気で何を言っているのかわかります。
  2.  耳をすませば』は私のお気に入りなので、みていると元気が出ます。浪人時代にこの映画を初めてみて元気づけられた記憶がよみがえるのだと思います。
  3.  何回でもみることができます。100回みたとしても101回目もみることができます。

 

実際何十回みたか覚えていないくらいみて、セリフを暗記してしまったシーンもたくさんあります。私にとってはどんな『有名教材』より役に立った教材だったのは間違いありません。

まずは

 

  • 内容を理解している(内容が理解できる)
  • 内容が面白い
  • 何回もみることができる

 

この3つのコンセプトを満たしたものを選んで下さい。もちろん、どういう教材がいいかは人それぞれです。「赤毛のアン」のDVDと原作のセットが「面白くてしょうがない教材」の人もいるでしょう。

私のように『耳をすませば』以外に『ブラックホークダウン』や『Act of Valor』といった戦争映画をバイブルとしていいかもしれませんし、『プラダを着た悪魔』でもいいかもしれません。

 

なんでもかまいませんが、先ほどの3つの理由を満たしたものを是非見つけ出して下さい。